早く車を運転するために

>

試験に合格するコツを知ろう

習ったことを繰り返して勉強

授業で習ったことを、もう1回復習してください。
すると、自分が理解できていたのか判断できます。
授業を聞いていれば、理解できると考えている人がいるでしょう、
ですが復習して、実は分かっていない部分があったことに気付けます。
教科書をさらに読み込むことで、疑問点が残っていても解決できます。
分かった気持ちになっていると試験で問題が出た時に答えを間違えてしまいます。

スムーズに運転免許を取得できないので、復習を忘れないでください。
習ったことを、ノートに書いてまとめるのが良いですね、
忙しい人は、自宅に帰ってから勉強する時間を確保できないでしょう。
教科書を読み返すだけでも良いので、実践してください。
寝る前に、読み返すのがおすすめです。

復習も意識して実践しよう

習っていないことを勉強しても、理解できないと思っている人が見られます。
ですから全く予習をしていないのではないでしょうか。
しかし予習をすることで、次回の授業内容を理解しやすくなります。
1回の授業で内容を理解できるので、自宅に帰ってから長々と復習しなくても良くなります。
運転免許を取得する際は、予習も心がけてください。

予習の基本は、教科書を読むことです。
分からないことがあったら、印を付けておきましょう。
次回の授業で、教官が詳しくその部分を説明してくれるかもしれません。
印をつけた部分の説明になったら、いつも以上に集中して聞いてください。
それを繰り返していれば、勉強時間は短くても必要な知識を十分に吸収できます。


この記事をシェアする