早く車を運転するために

>

分からない部分は聞こう

教官に質問しても良い

中には質問すると迷惑を掛けると思って、控えている人がいます。
ですがそんなことはありません。
教官は、何でも答えてくれるので疑問点があったらどんどん聞いてください。
本当に理解できたのか、不安に感じる部分があるでしょう。
そのような場合も、念のために聞いた方が良いです。
間違って解釈していた場合は、教官が修正してくれます。

聞かないと、一生間違った知識を覚えてしまいます。
授業中に質問するのは恥ずかしいかもしれませんが、授業を聞いているみんなのためにもなります。
教官も熱心に質問してくれる人がいたら、嬉しくなってさらに詳しい説明をしてくれるかもしれません。
少しでも分からないところや、不安なところがあったら聞きましょう。

早く解決しなければいけない

早く質問することを心がけてください。
遅くなると、何が分からなかったのか忘れてしまいます。
疑問を感じやすいのが授業中なので、その時に聞くのが最も良いと言われています。
ですが恥ずかしくて、どうしても授業中は質問できない人が見られます。
無理はしなくても良いので、授業が終わったら質問しに行ってください。
質問内容を忘れないよう、ノートにメモしておきましょう。

自宅で復習をしている時に、解決できない問題が現れることもあります。
その場合は、次回の授業が始まる前に聞くのが良いですね。
前回の授業内容を理解していないと、今回の授業についていけなくなります。
しっかり授業について行けるよう、授業前に疑問は解決してください。


この記事をシェアする